最幸な瞬間をサポートするウェディングプランをセレクトしよう

 wedding

和と洋の組み合わせ

和婚は厳粛で堅苦しいイメージがあるが

「和婚」というと、格式ある神社などで厳粛な雰囲気の中行われるイメージがありますね。このような日本の結婚式は、最近の日本の文化やライフスタイルを見直す動き、また世界的な日本ブーム「クールジャパン」から増加傾向にあります。 和婚とは挙式スタイル、白無垢の花嫁衣裳、伝統的な日本料理など、どこかに「和」のテイストが入っていればよく、昔のように何から何までガチガチに「和」にこだわる必要はありません。事実和装で人前式、神前式でウェディングドレスなど、堅苦しいものではなくなってきています。洋風披露宴のイメージが強いホテルやレストランでも和風にアレンジするなどのサービスをしている所もあります。 伝統ある日本の結婚式はそれぞれの時代に合わせつつ、これからもずっと受け継がれていくでしょう。

和の中にもアットホームな雰囲気を

最近チャペルでの挙式、リゾート挙式などの中で「和婚」を望む人が増加しています。理由として「日本人だから白無垢を着たい」「神前の厳かな雰囲気」など日本ならではの伝統的な文化への回帰が挙げられます。参列者でも和婚が嫌いと言う人はまずいません。和婚の専門雑誌もありますし、京都で挙げる和婚もブームとなっています。 しかし最近の和婚は以前と少し違っています。例えば和装の婚礼衣装の定番と言えば白無垢ですが、髪型は従来の綿帽子、角隠しではなく洋風の髪型に和風の髪飾りを付けたようなものが流行しています。 何でも「和」にせず、あえてどこかに「洋」を取り入れる。そのことで厳粛な雰囲気の「和」にアットホームな雰囲気を入れることができるメリットがありますし、オリジナリティも出せます。招待状を和テイストにするのも良いですね。 日本人は和が取り入れられているとホッとするものです。日本の伝統を大事にしつつ、ゲストも新郎新婦も楽しめる結婚式は素敵なものですね。